【持ち物写真】32ℓのバックパックに詰めた世界一周女子バックパッカーの荷物一覧

f:id:kaimon315:20180912130918j:plain

世界一周準備中、何度も何度もググったワードといえば…

「世界一周 女 持ち物 バックパッカー」

バックパックと非力な私の戦いの日々の記録。

 

 

1.初期の悩み

旅の準備をやり始めた頃の悩みといえば

何を持って行ったら便利だろう…?

先輩旅人さんのブログを読みあさって、
妄想を膨らませる日々。


とりあえず先輩たちが持って行ったというものを家中から引っ張り出して、床に並べてみる…。

その結果、こんな状態に。

f:id:kaimon315:20180912123417j:plain

今見ると笑えるけど、当時は 本気。

一応 バックパックに詰めてみる…

 

がしかし! 当然入りきる気配ナシ (´;ω;`)

 

調べを進めて気づいたこと

私のリュック、圧倒的に小さい らしい。

 

世界一周するということは、

暑い国から寒い国までいろんな気候の中で過ごす

そういうこと。
必然的に大荷物になります。


だからこそ平均サイズは 40~60リットル

私のリュックはというと… 32リットル。
プロの旅人か。笑

 

ということで、

 

悩むべきは

「 何を持っていったら便利か?」ではなく

「どれなら削れるか?」


このことに やーっと気付いたのでした。

f:id:kaimon315:20180912125456j:plain
☝︎ニュージーランド『テカポ湖』の横の道

 

2.夫婦旅の強み

問題の本質に気づいた私は迷いました。

新しいバックパックを購入すべき…?


バックパッカー経験のある旦那は「もう少し大きめのものを買ったら?」と勧めてきます。

でも私は、どうしても手持ちのもの(昔フェス用に買ったやつ)を使いたかった。

 

なぜなら…

32ℓでも既に重かったから😂

これ以上でっかいの背負ったらひっくり返るよ…

 

かたくなに買わない私を見てついに旦那が一言。

「入りきらないものあるなら、俺のに入れてもいいよ」

神様 仏様 旦那様。

せめてあんまり重くないもの…
それでいてかさばる物。

と探して見つけました。適任なやつ。

 

生 理 用 品 。どどーん

 

月イチしか出番ないくせに かなりの場所を陣取っていたので、旦那のリュックの奥底に入れさせてもらうことに。

人生で初めて自分以外の誰かに持ってもらいましたね、コレは。笑

 

夫婦旅のいいところは荷物を持ち合えること。

ふたりで1個でいいものだって、結構あります。

主に お風呂セットやキッチン用品。

液体系や金属系は重いので特にうれしい。

 

3.出発時の荷物一覧

それでは参りましょう。

厳選に厳選を重ねて私が持っていったもの。

 

⑴スーパー大事パック

f:id:kaimon315:20180912123436j:plain

パスポート

イエローカード

国際運転免許証+日本の免許証

予防接種の証明書
(英語で記載されているもの。特にいらないけど、もし病院とかで聞かれたら見せるだけなので安心。発音ミスとかスペルミスとかで違う風に伝わったら恐ろしいので)

顔写真
(再発行時に備えて、パスポートサイズと国際免許証サイズを。余ってたから一応入れた)

クレジットカード
この9枚のカード を持って行きました。夫婦ともに金融機関出身なので、調べに調べ上げました。

✅薄ウエストポーチ/ダイソー
途中から使わなくなって捨てました。不要です。

ミニボールペン
(機内でイミグレカードを書く時便利なので、ペンはすぐ出せる所に入れておきましょう)

 

 

⑵服

f:id:kaimon315:20180912123456j:plain

半袖Tシャツ3枚
オーストラリアであと1枚買い足しました

ユニクロパーカー 
白は汚れるので失敗…。でも蚊+日焼け対策に重宝

ヒートテック 1枚

あったかベスト / Patagonia Kids レトロX 
サイズがハマらず キッズ用がしっくりきましたw

✅薄手のパンツ / TOMORROW LAND ワイドチノパン 
(コットン × 薄め × 太め)蚊+日焼け対策に重宝
スリランカでゆるパンツ買い足しました。

ショートパンツ 2枚
(どっちも水着なので軽量 × 速乾)でも1枚で十分だったな。

✅スカート 
使いませんでした、不要です

赤のワンピース   
写真映えするし迷子にならないので 赤は正解!
どこで買ったのかよく聞かれるけど、安ーい海外製品です。
私はメルカリで買ったけど、Amazonでも売ってました^^
 

 

⑶登山用ウェア 兼 防寒具

f:id:kaimon315:20180912123509j:plain

長袖インナー2枚Patagonia キャプリーン3
すごく暖かいのに汗はすぐに蒸発させてくれる優れもの。登山の時はいつもこれ着てます^^

ダウン(緑)Patagonia ナノパフ
胸ポケットに畳み込むことが出来る仕様。とっても軽くて丈夫で暖かい。(ちょっと高いので、ユニクロのウルトラライトダウンでいいかも?私は羽が出てくるのがイライラするので避けました)写真のものはスポッとかぶるタイプですが、リンクのジャケットタイプにすればよかったと思ってます。笑

ウインドブレーカー(オレンジ)/ Patagonia リーシュレスジャケット 
完全防水なのでカッパとしても大活躍。もう販売していないみたいです><

スパッツ/ Patagonia

パンツ/ montbell ノマドパンツ

レインパンツ/HELLY HANSEN

f:id:kaimon315:20180912123822j:plain

ニット帽 / Patagonia ビーニー
ウールですが、裏地にフリースが施されているのでものすごーーく暖かいです。おすすめ

ネックウォーマー

防寒用の手袋 /ダイソー
小さくたたむとポッケサイズ。とにかく「かさばらない」こと重視

登山用手袋

靴下3枚 →パンツは一晩で乾くけど靴下は乾かないこともあり…薄手をあと2枚くらい持てばよかったと反省。ドライヤーを持つなら乾かせるから3枚でOKだと思う!
厚みがあり歩きやすいのに、臭くならず 山ガールに人気な smart−wool の靴下
 はおすすめ。

 

f:id:kaimon315:20180912123849j:plain

トレッキングシューズ 
海外は べちょべちょの道 とか ゴロゴロの道 とか トゲトゲ草の道 とか色々あったけど(笑) この子が足を守ってくれたよ…笑 でも色は黒とか茶色にすればよかった!

サンダル / teva(白)
ビーサンは 指の間が痛くなるのが苦手で テバにしたけど、濡れると意外に乾かなかった。宿のシャワーで毎日濡れることを考えると、薄くて軽い100均ビーサンをプラスするのがオススメ。

 

⑷下着

f:id:kaimon315:20180912124148j:plain

ブラトップ 3枚 / ユニクロ
型崩れとかしないし、巨乳さん以外はブラよりコレ。

パンツ4枚 / ユニクロ
圧倒的にユニクロのウルトラシームレス推しです。夜洗って朝には絶対乾くので全部コレにすればよかった。一応普通の可愛いパンツも持ってたけど、ドミトリーでベッド脇に干したりするからちょっと抵抗があって…。パンツと気づかれなさそうなこればかり使ってました。結局毎日シャワー時に洗えたので、正直2枚でも足りたかも(笑

 

⑸水着

f:id:kaimon315:20180912124137j:plain

ビキニ 
ビーチはもちろん、格安ホステルでもプール付だったりするので結構使いました。温泉でも着用必須。

 

⑹小物

f:id:kaimon315:20180912124205j:plain

眼鏡

サングラス
オーストラリア・ウユニ塩湖…世界の日差しをナメるな!

帽子 
体力消耗に格段の差が出るので必須。風対策に自分で紐を縫い付けました。→この帽子はツバが狭かったのでオーストラリアで別のものに買い換え。

腕時計 / SUUNTO
防水・防塵だからビーチも砂漠も付けたままいけるし、なにより標高や気温がわかるので楽しい(笑) 旅人にぴったり!

 

⑺洗面セット

f:id:kaimon315:20180912124220j:plain

✅ スポーツタオル 2Caloics® 速乾タオル
タオルはこれ一択ですね。世界中の旅人がみんなこのタイプ。薄くて軽くてすぐ乾く!どこかに引っ掛けて乾かせるよう、紐付きのものを選ぶのがポイント。私が買ったAmazonのこれ、安くてクオリティも良かったのでおすすめ!紐部分がパッチンって外せないと不便なので、タオル選び注意です!

Amazonで【私が買った速乾タオル】を見る

ハンカチ

 

f:id:kaimon315:20180912124237j:plain

歯ブラシ
「コンパクト」サイズの歯ブラシ愛用者は予備を持った方がいいです。海外にはデカサイズしかありません

たためるコップ/セリア 
同じくセリア商品のケースにシンデレラフィット。

f:id:kaimon315:20180912133912j:plain

コンタクトレンズ
メガネの日も2週間くらいあるでしょと5.5か月分。それでもワンデーなので大量。

ケース 
内側が保温素材になったダイソーのお弁当箱バッグが収まりが良いです

f:id:kaimon315:20180912125537j:plain

メイク落とし / マナラのホットクレンジング
お肌に広げると ほんのり温かくなって、じゅわーんとメイクが浮いてくる。ダブル洗顔しなくていいのと、洗い上がりのツッパリ感がないのが ありがたい。容器的にも空気が入らないから、飛行機の気圧の変化でパカって開いて漏れ出す…みたいな心配ナシ。

リンスインシャンプー
水圧が弱かったり、ホットじゃなかったりするわけです。サクッと洗えるの大事。

石鹸
ダイソーのケースにIN。蓋がカチッ!と閉まるのを選んで!

カミソリ
飛行機では手持ち荷物に入れないよう注意

✅ドライヤー
小さくて軽くて気に入ってたけど変電機忘れですぐ壊れました。私は諦めたけど、ボブ以上の長さの人はあった方がベター。ドミトリーや安宿には付いてません。洗濯物を乾かすのにも使えます!

ヘアトリートメント

化粧水

美容液系サンプル沢山
日焼けした日はスペシャルケアを。


この辺は、なくなり次第、現地のスーパーや薬局で買い足ししてました。
(液体類は重いので、小さめを好んで)

 

⑻メイク

f:id:kaimon315:20180912124338j:plain

日焼け止め2本
旦那が+もう1本持ってたけど、全ッ然足りず、チリで買い足し。南米ではサラっと系はなかったので、気になる方は多めに持って行った方がいいです。普段の2倍は絶対使います。

ファンデーション

チーク

アイシャドウ
「兼アイブロウ」にしました

口紅

マニキュア
サンダル時間が長いので足用に。手は塗らず。

手鏡

ゴム

さらさらシート
夜行バスとか、登山とかで活躍

 

⑼飛行機セット

f:id:kaimon315:20180912125657j:plain

アイマスク /無印良品 
電気を消しにくいドミトリーやバスで寝るときに活躍

✅小分けメイク落とし
飛行機乗る日はそもそも化粧しないからいらなかった

ハンドクリーム

オールインワンジェル 
機内は乾燥地帯です。

 

⑽その他

f:id:kaimon315:20180912124408j:plain

ミニハンガー8本 /100均

おすだけペープ  
先輩旅人がこぞってオススメしてるので気になりますよね。騙されたと思って買っといた方がいいです。特に、ペルー・スリランカ行く人。私も出発直前に「よく分からんけど全員書いてるから、高いもんじゃないしとりあえず買っとこ」で買いました。笑
途中空港で失ってからは 蚊にイラついて寝付けず、各国のスーパー+薬局で探し回ったけど どこにも売ってなかったので、必ず出国前に入手しとくこと。

Amazonで【おすだけベープ】を見る

コップsnow peak チタンマグ450ml
おしゃれキャンプ場に行くとみんな持ってるこのカップ。取っ手の部分は折りたためます。飲み物だけでなく、器としても使える大きさ。直火でお湯も沸かせてとっても便利♡ 軽いし、ぶつけても大丈夫なので、短い移動の時はバックパックにカラビナでぶら下げてました。他のキッチン用品は旦那持ち。

✅ヘッドライト / モンベル
テントサイトでのキャンプで使ったけど、スマホライトで代用可

f:id:kaimon315:20180912124428j:plain

モバイルバッテリー / 2台同時充電できる SOLOVE
本体の充電残量も「27%」とか数字でバシッと明確に表示されるので好き。
そして この短いコードもおすすめ。外国人旅人によく「コレ可愛いね」って褒められましたww

Amazonで【iPhoneコード】を見る

折り畳み傘 / 無印良品 
小さくて軽くて丈夫で安価。半年間この1本を使い倒したら水は弾かなくなってしまったけれど、十分満足でした。

f:id:kaimon315:20180912125712j:plain

トイレットペーパー1個
芯を抜いてぺしゃんこにして密封しておくのがコツ。
現地で買い足ししていく。

S字フック
トイレでかばんを掛けるところがないことは日常茶飯事。
これは太いので、もっと細くて金属のものの方がいいです!

f:id:kaimon315:20180912125723j:plain

✅ 寝袋
キャンプだけでなく、急な空港泊や 宿のベッドシーツ・毛布がなんだか不穏な感じ…というときも使用。

この寝袋の特徴は
「軽い」「小さい」「暖かい」「安い」

旅人ファーストで開発された説が濃厚ですね。

Amazonで【寝袋(全4カラー)】を見る

 

旅にもキャンプにも登山にも使えて かなり気に入ってるので、実は 結婚式の引出物にもしちゃった思い出の品です。笑

 

f:id:kaimon315:20180912124501j:plain

✅①携帯トイレ 
100均で見かけて長距離バスとかで使うかも?と買ったけど絶対いらんよ。

✅②咳喘息用の薬
万が一風邪こじらせてアメリカで病院行きになったら高額治療費…と怯えて持参

✅③サプリ/ DHC(マルチビタミン+マルチミネラル)
旅中は栄養が偏るので。

✅④生理用品 
4か月分くらい持ってった(笑)けど、当然ながら世界中どこでも売ってたので1ヶ月分だけでよかったと後悔。

f:id:kaimon315:20180912125736j:plain

色んな大きさのジッパー付き袋 10枚以上
日本クオリティは海外にはないので必ず。

圧縮袋 予備2つ
よく外国人に羨ましがられるモノの一つ。

 

これにプラスして、

MacBook Air

iPhone

私の荷物はこんなもんです。

f:id:kaimon315:20180812115538j:plain

 

4.夫婦で1個のもの

ここからは旦那くん担当の共有品。

 

ガジェット系

✅電源タップ各種

✅タコ足タップ(三口タイプ)

Wi-Fiルーター 日本へ返却

iPod shuffle 日本へ返却

f:id:kaimon315:20181208164141j:plain

✅Go Pro hero6(+バッテリー3個)

✅Go Proマウント(スティック・腕輪・クリップ)

f:id:kaimon315:20181208164259j:plain

ポータブルハードディスク 1TB
外付けのHDDはあった方がいいです。世界一周中、動画や写真の枚数はとんでもないことになるので、ぽんぽん移せるよう1テラに。万が一、カメラやスマホを盗まれても、ハードに移しておけば思い出は守られるので安心。Web上にアップすることも考えたけど、Wi-Fiが遅いとこも多かったので USBタイプのこちらをおすすめします。

✅SDカード

✅カメラ / RICOH GR2(+バッテリー2個)

 

調理アイテム

✅保冷バック

✅ストーブ(ガス用)/ミニ鍋/ライター

✅タッパー3つ

✅ナルゲンボトル

✅ナイフ

✅箸・スプーン・フォーク

 

調味料

f:id:kaimon315:20181212151509j:plain


✅だし塩/醤油/オリーブオイル

✅固形コンソメ/ほんだし/お茶漬けの素

 

✅粉末緑茶

私たちはキッチンを使えるゲストハウスを選んで旅したので、砂糖・塩は持ち歩いていませんでした。(ほとんどの宿にありました)

機内食についている「ミニサイズの砂糖・塩・胡椒」は毎回持ち帰ってましたが、これが結構便利で、登山やキャンプ、調味料のない宿で大活躍。笑

 

洗濯用品

✅粉末洗剤

✅洗濯用携帯バケツ

✅100均ハンガー

 

✅マラリアの薬/高山病の薬

✅下痢止めストッパ/ビオフェルミン/カコナール/イブA/ロキソニン

✅酔い止め/ムヒ/ブリーズライト/絆創膏/目薬

飲み薬は 1回分ずつ小分けにしたものを ジッパーに入れてサブバッグに入れ、残りはまとめてバックパックの奥底に。

アメリカで追加の目薬を買いましたが、種類がありすぎるし選ぶの難しいので、目薬や日焼け止めなど、絶対使うであろうものは持って行くのをオススメします。

アメニティー

✅爪切り

✅毛抜き

✅すきバサミ

 

お金

✅USドル

✅ユーロ

日本円について

「コインを持っていけばよかった…」と後悔。

海外では穴の開いたコインがないので、珍しがられるのが「5円玉」と「50円玉」。

旅先で出会った人との話のネタにもなるし、ちょっとしたプレゼントにも便利です。

f:id:kaimon315:20181212151429j:plain

 

その他

✅テント
ニュージーランド等で使用し、パタゴニアで寄付しました。

✅カラビナ 10個

✅南京錠 5個

  

5.旅から帰国して思うこと

正直、もっと大きなバックパックにしてもよかったかなぁとは思います(笑)

もちろん身軽だし、パッキングも早いんだけど… もっとオシャレとかしたかったなぁ〜が本音。

出発前は「」というワードに引っ張られて、汚れてもいい服、最悪失ってもいい服、見た目より機能性、という視点で服を選んだし、ヘア・スキンのケア用品やメイク道具なんかの美容グッズはほぼやらなくなるだろうと諦めてたけど、もう少し増やしてもよかったかなと思ってます。

荷物が重いとテンション下がって楽しめなさそうという不安も杞憂だった。

ずーっと荷物背負って歩き回るわけじゃなく、基本的には宿から宿の移動だけなので、しっかりパッキングすれば大丈夫です。

それに 旅中にどんどん体力つくので大してキツくなくなります。

 

👇こちらの記事にも書きましたが、

 

もう1回準備するなら 45リットルくらいのバックパックにするかな。

 

これから旅する女性バックパッカーさんのお役に立てますように!

 

 


 

国別記事はこちらから☟