海外で現地通貨を一番安く手に入れる方法『キャッシング』ベストなクレジットカード をご紹介!

f:id:kaimon315:20180203221410j:plain

海外旅行で誰もが避けることができないのが「通貨」の問題。みんな知らず知らずに払っている大きな手数料をクレジットカードの『キャッシング』で少しでも安く済ませる方法、そして「ベストなクレジットカード」 について解説します。

 

僕は今ウユニにいます。

鏡張りの最高の景色を期待して来たものの到着してから毎日雨。。。

さらにお腹も壊し、ブログを書く日々です。。泣

f:id:kaimon315:20180203221827j:plain

※鏡張り!?茶色です。。 

 

『キャッシング』が海外での現金の問題を解決!?

ウユニは日本人に大人気とあってさすが街は日本人だらけ!

そこで出会った日本人の青年2人組が現地で現金が足りなくなってめっちゃ困っている。

話を聞いてみると、「持ってきた現金は尽きた」、「現地でクレジットカードが使えない…」とのこと。

実は簡単に解決する方法があります。「クレジットカード を使った現地通貨キャッシング」で現地通貨をATMから引き出せばいいんです。

『キャッシング』というと、お金を借りるような、金利が高いような、、とあまり良くないイメージが、、、、

そんなことありません!!!

海外旅行における『キャッシング』は現地通貨を得る最適な手段なんです!!簡単かつ手数料も安い!!

 

【僕のクレジットカード の布陣はこちらで紹介】

www.earthcolor-travel.com

 

 

 現地通貨はどうやって入手するのが一番お得??

ところで、皆さんは現地通貨はどのようにして入手していますか?

 

主に思いつく手段は、

・日本で「現金両替」して現地通貨を持ってくる

・ドルを持参して現地で「現金両替」

・銀行口座から「海外デビッド」を使った現地通貨引き出し

あたりではないでしょうか。

 

外貨の取扱は国内外問わずどの銀行も大きな収益源にしているもの。

知らず知らずのうちに大きな手数料を支払うことになっています。

f:id:kaimon315:20180204013945j:plain

 

 

「現金両替」

日本で「現金両替」して現地通貨を持ってくる場合や、ドルを持参して現地で「現金両替」の2つが手数料的に高いことは想像ができると思います。通貨によっては5%以上の手数料がかかっていることもザラです。

ただし、国によってはUSドルから直接両替するとレートが良くなる国があったり、USドルが使える場面は何かと多いので、僕も少額のUSドルは日本から持ってきています。

 

「海外デビッド」

銀行口座から「海外デビッド」を使った現地通貨引き出しは、ソニー銀行や楽天銀行、ジャパンネット銀行などが有名ですね。日本円を入れている口座から出金と同時に直接お金が落ちるので残高が目に見えて安心です。僕も以前はこちらをメインで使っていましたし、現在も出金のサブとしてソニー銀行のソニーバンクウォレットカードを用意しています。しかし、出金する際のレートは、実勢のレートに2~3%程度を乗せたレートだったり毎回200円程度の利用手数料を取られたりと、意外と手数料が多くかかります。

 

 

「じゃあ、どうしたらいいのか?」という疑問の答えは、ズバリ!!

この記事の冒頭にも書いたクレジットカード を使った現地通貨『キャッシング』です。

 

「現金両替」や「海外デビッド」は大きく手数料がかかるという中で、手数料の安さから『キャッシング』がダントツにおすすめ!

なんで安いのかというと、

⑴ カードによっては利用手数料無料

⑵ 金利がかかるのは数日間分のみ

⑶ レートの上乗せが0.5程度と低い

というのが理由。

 

キャッシングに使うべきクレジットカード

そして、そのキャッシングに使うべきクレジットカード は2種類。

【メイン】セディナカード

【 サブ  】エポスカード

これだけで十分です。

 

 

 

なぜこの2種類が「海外キャッシング」に良いのかというと、ネットで繰り上げ返済をできる為、金利を極力抑えることが可能だからです。

電話でしか繰り上げ返済のできないカードは、海外からなかなか電話できず結局返済できないのでやめましょう。

セディナカードの金利は年利で18%。

すごく高そうに見えますが、数日間で返済できれば支払わなければならない金利はたったの「数十円」です。

海外デビッドで出金するなら「数百円」の利用手数料に加えて、レートも「2~3%」の上乗せです。

差は歴然ですね!!

f:id:kaimon315:20180204011410p:plain

 

ネットで繰上げ返済ができないクレジットカード の手数料は、基本的に1ヶ月~2ヶ月弱の金利を支払うことになるので相応に高く付きます。

なので、海外キャッシングを利用する場合は、「セディナカード」を作りましょう!!

 

セディナカード・エポスカードの違い

【メイン】セディナカード・【 サブ  】エポスカードと分けた理由は、

どちらもネットで繰り上げ返済ができるものの、違いが2つあるからです。

①利用金額の確定にかかる日数

 数日間で金額が確定になるセディナカードが断然早い!エポスカードは確定に1ヶ月近くかかる場合も有る。

②利用手数料

 セディナカードは利用手数料無料(海外ATM手数料は別途必要)、エポスカードは100円+税 が必要(海外ATM手数料は別途必要)です。

 

ただし、何が起きるのか分からないのが海外。

ATMにクレジットカード が飲み込まれて出てこなくなる事例も聞きますし、盗難に遭う可能性だってあります。

なのでキャッシングに関しては、【メイン】セディナカード・【 サブ  】エポスカードという組み合わせをおすすめします。

 

ちなみにセディナカードは、VISAかMASTERどちらかのブランドを選ぶことができます。

基本的条件は同じですが、通説ではMASTERの方が為替レートの上乗せ幅が小さいことが多いとのこと。

僕は「VISAの方がどこでも使えるかな?」と思ってVISAを選びましたが、より良い為替レートを狙いたい人はMASTERを選んでみてもいいと思います。

 

まとめ 

・海外旅行で現地通貨を手に入れるには、クレジットカードで『キャッシング』がベスト!

・「キャッシング」に一番良いクレジットカードは『セディナカード』

・カードを作るときは、この記事で解説している方法で5000円相当額以上の『特典』をゲットするべし

www.earthcolor-travel.com

 

 

 

後編では、実際に「海外ATMを使ってお金を引き出す」&実際に「ネットで繰り上げ返済をする」ということを解説します。

 

では!