【ズボラでもお買い物を常に3%OFFできる】年会費無料のクレジットカードベスト3

f:id:kaimon315:20180824152346j:plain

クレジットカードを選ぶとき、どんな基準で選んでますか?

「年会費無料」の中から選んでる

無駄な年会費を払いたくない から、「年会費無料」派という人は多いですよね。

でも、年会費無料ならどのカードもそんなに差はないと思っていませんか?

え?無料なのにそんな違うの?

そう思ったあなたは、もったいないことをしている可能性が高いです💦


僕は世界一周中9枚のカードを使い分けていましたが、それはカードによって内容が全然違うから。
だけど、出会った人のほとんどがその違いを知らなくて驚きました。
みんな損していたのです。

この記事では、これからクレジットカードを作るあなたがそんなことにならないように

 【年会費無料の中なら絶対にこの3枚】

という僕のおすすめカードをまとめています。

 

しかも、これらのクレジットカードにプラスして「あるサービス」を使うだけで、あとは何の手間もかからず すべての買い物が 常に3%還元 

せっかくなので、お得な方法を選んでおきましょう。

f:id:kaimon315:20180824150258j:plain
💡 そう、「自分だけまだ消費税5%」ができるのです!笑  

 

1. 年会費のかかる/かからないカード、どちらがお得?

今でこそ年会費のかかるカードを何枚も持っている僕ですが、初めて申込したときは
「損しないだろうか」と不安でした。

「年会費無料」が無難だけど、本当は年会費がかかる方がお得なのかな?

そんな風に迷ったりしますよね。

 

答えは至ってシンプル。

年会費を払ってでも得たいメリットがあるかどうか?

これに尽きます。

 

例えば、「アメックスゴールドカード」。
年会費は約 30,000円とどう考えても高額ですが、
僕にとってはお値段以上のメリットがあるから重宝しています。
 

 

海外旅行に行くから保険を重視したいとか、

出張が多くて空港ラウンジを使いたいとか。


何か特定の目的がない場合は、

年会費無料のカードがいいと思います。


特に ズボラな人 は。 

f:id:kaimon315:20180303222350j:plain
 

 

2.あなたにはどちらが向いてる?

うちの奥さんは、デパートや空港でよく見る「本日申込いただけたら今日のお買い物から使える3,000円分の商品券プレゼント!」というカウンターで申込して、その金券を使ったらすっかり忘れるようなズボラさんです。

こういう人は 通帳やカード明細なども見ない ので、使わないカードの年会費が毎年引き落とされていることに気づかないんですよね。。。

(もう年会費かかるやつは解約してもらいました笑)

 

こんな方は迷わず年会費無料のカードにしておきましょう。

管理がいらないので安心です。

 

f:id:kaimon315:20180301122851j:plain

 

 

3.年会費無料のおすすめクレカ3選

年会費無料のクレジットカードは山ほどあるので迷ってしまいますが、この3つなら作るだけで得します。絶対に損しません!

① リクルートカード

1番のオススメはリクルートカード !

リクルートカード_PC

特徴

✅日本で最も高い還元率(1.2%)

✅いつでもこの還元率

(特定のサイトで3%とか 期間限定5%とかは他にもありますが、面倒臭くなって管理しきれないので『いつでも◯%』という還元率が非常に重要)

✅貯まるのは「リクルートポイント」

・ポンパレモールで買い物に使える
・ホットペッパーで食事代に使える
・ホットペッパービューティーで美容代を安くできる
・じゃらんで旅行に行ける

ちなみに僕は、このポイントだけで毎月のコンタクトレンズ代をまかなえてます!

買い物、食事、美容、旅行など、ポイントの使い道が幅広いので、
せっかく貯めたポイントを無駄にしてしまうことがありません。 
 

公式サイトを見る

 

② 楽天カード

言わずとしれたカードですね。 



特徴

✅常に1%の楽天ポイントが貯まる

楽天市場に限らず普通のお買い物でもOK

✅入会時に大量ポイントがもらえる

ちょうど今なら8,000ポイントもらえます!

✅アプリが使いやすい

カード利用額、今月の引き落とし額等を把握しやすい

楽天ポイントでの還元なので好みが分かれますが、年会費無料のカードを作るだけで8,000円分の買い物ができるので、とりあえず作らないと損です。

公式サイトを見る

 

③ Yahoo!JAPANカード

こちらもおすすめ^^

Tポイントがザクザクたまる!

特徴

✅いつでも還元率1%

✅貯まるのは「Tポイント」

コンビニでも スーパーでも 牛丼屋でも ガソリンスタンドでも聞かれる「Tポイントカードありますか?」
貯められる場所も 使える場所もたくさん!

 ✅「Yahoo!公金支払い」対応

税金や公共料金の支払いに便利です。

僕は 年会費無料なのでとりあえず作りましたが、 最初に5,000ポイント貰えたのでTSUTAYAやGyaO!で映画鑑賞しました。
それがなんと!今だけ8,000ポイントにアップしてるみたいです!羨ましい…

公式サイトを見る

 

4.年会費無料を選ぶときの注意ポイント

選び方のコツは3つ。

①ポイント還元率

カード払いした金額に応じて、ポイントで返してもらえるパーセンテージ。
もちろん、上記のおすすめカードは全て高還元率です。


②ポイントに使い道はあるか

意外と見落としがちな視点です。
還元率をアピールしてくるカードも多いけれど、ポイントは「使ってこそ価値がある」もの。
使いにくいとか使用条件がややこしいと、完全にムダです。
上記3枚は「日常生活で誰もがかんたんに使えるポイント」がつくカードを選びました。


③カード入会時にポイントを沢山もらえるか

各社それぞれお得な入会キャンペーンを打ち出しています。
同じ会社でも時期や内容によってバラバラなので、キャンペーンを見逃さないようにしましょう。
“入会だけで8,000円” なんて、普段はなかなか見ないスゴイ内容です。

      

VISA、MASTER、JCB、とかは
どれを選べばいいの…?

ブランドを選べる場合は、「VISA」または「MASTER」を選びましょう

JCBでなければどちらでも大丈夫!

JCBは対応していないお店が多いのと、
これからお話しする還元率劇的アップの方法が使えません(><) 

 

f:id:kaimon315:20180218063929j:plain


 

5.お買物を常に3%割引する方法

世界一周から帰国して節約モードの我が家では、基本的にすべての決済を「Kyash VISA カード」に集約していきます。

そうすれば、買い物の全てが実質3%引き! 

本当におすすめできるのでご紹介していきますね。  

「Kyash」とは?

「キャッシュ」と読みます。

簡単にいうと、手数料無料でかんたんに送金・割り勘ができるアプリ。

「Kyash VISA カード」とは?

 Kyashアプリで発行できる、プリペイド式のカードです。

(約2週間くらいで郵送されます。) 

 

f:id:kaimon315:20180824151654j:plain

 

3%還元の仕組み

このプリペイドカードには、クレジットカード(VISAかMASTERのみ)をチャージ用に紐付けることが可能。

この紐付けたクレジットカードから プリペイドの「Kyash VISA カード」に金額がチャージされると、チャージ額の2%キャッシュバックされます。 

 

ここで思い出してください。

年会費無料のカード3選で紹介したのは全部、1〜1.2%の高還元率カードでした。

 

つまり…

Kyash VISA カード へのチャージでもらえる2%還元
  +
年会費無料カードのポイント還元1〜1.2%
  =

実質… 3%超え👀

2つのカードで
ポイントの二重取りができてしまうんです!

 

すごく魅力的だけど、プリペイドってことは いくらチャージしたか忘れて結局無駄にしちゃいそう…

はい、ズボラあるある ですね。笑


Kyash VISA カード」では、カードを使う際に使う金額だけが自動的にチャージされるので、プリペイド式だからといって余分に入金しお金をムダにするという心配がありません。 

決済するとすぐに通知もくるので、防犯面でも安心^^ 

 

f:id:kaimon315:20180824151521j:plain

 

6.やることまとめ

うちの節約方法を出し惜しみなくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

年会費無料ならリスクなしでなのであんしんですよね。

今からやることはこれだけ。

リクルートカード楽天カードYahoo! JAPANカードを申込(無料)

Kyash VISA カードを申込(無料)

③チャージ用のクレジットカードに①のカードを指定


あとはKyash VISA カードでいつも通りお買い物を楽しむだけ。

たったこれだけの事で 毎日の生活がみんなよりお得になるなんて、本当に知ってる/知らないの違いは大きいですね。

 

f:id:kaimon315:20180218064601j:plain

ドヤー…!

 

これからもお得情報あったらシェアしていきます!

 

 

👇「年会費が高いカードのサービスって?」比較するならこちらの記事で。