旅でクレジットカード付帯保険を最大限活用する為の3つのポイント

f:id:kaimon315:20180202094911j:plain

クレジットカードに付帯する海外旅行保険を最大限活用する為の3つのポイントを解説。保障限度額を引き上げて、保障期間も「180日間~1年以上」に伸ばすことのできる方法について。

 

クレジットカード編 第3章「保険編」

 

僕たちは、世界一周旅行をしていますが、いわゆる損保会社が販売している海外旅行保険には加入していません。

 

クレジットカードにタダで付帯する保険を利用しているからです。

 

クレジットカードで一定の条件を満たせば海外旅行の保険が付帯することをご存知の方は多いと思います。

しかし一般的な常識では、利用条件を満たした場合に、「90日間」限定で、少額の補償が付帯するというものかと思います。

 

実は、その常識を覆して、損保会社が販売している海外旅行保険並みの保険を『無料』で付けることができるんです。

f:id:kaimon315:20180202100515j:plain

※実はパタゴニア地方エル・チャルテン で病院行きました… 

 

旅でクレジットカード付帯保険を最大限活用する為のポイント

旅でクレジットカード付帯保険を最大限活用する為のポイントは3つあります。

⑴ 保険を付帯させる条件を確認すること

⑵ 保障限度額を引き上げること

⑶「90日間」限定の期間を倍以上「180日間~1年以上」に伸ばすこと

 

  

順に解説していきます。

僕が実際に使っているクレジットカード5枚を例に確認します。

 例1)アメックスゴールド カード

 例2)エポスカード

 例3)三井住友カード(クラシック)

 例4)ANA一般カード

 例5)楽天カード

 

 

⑴ 保険を付帯させる条件を確認すること

海外旅行保険が付帯するクレジットカードは多いですが、全てのクレジットカードが持っているだけで保険が付帯するというわけではありません。

それぞれのカードによって条件が違うんです。ここで覚えておくべきは、「自動付帯」「利用付帯」の2つのキーワード。

「自動付帯」のカードは、「カードを所有しているだけ」で保険が付帯します。

「利用付帯」のカードは、カード発行会社によって違いますが、「日本を出国する前か後に、自宅から出国空港までの交通費もしくは海外旅行代金(航空券代金やツアー参加料金)を当該クレジットカードで支払いをした場合」に保険が付帯するものが多いです。

 

例1)アメックスゴールド カード

このカードは年会費が、29,000円+税 と高いだけあって、保険についてもすごく優秀。

 

 

 

下の画像にあるように、当該カードで決済をしない場合も保険が付帯します。さらに、当該カードで旅行代金を決済した場合は、保険金額が跳ね上がります。

このカードで旅行代金の決済をしてから海外に出るのであれば、かなり心強い保険となりますね。

f:id:kaimon315:20180202100712p:plain

 

例2)エポスカード

 

 

年会費無料なのに付帯する海外旅行保険が優秀なことで評判の高いエポスカード。どこが優秀なのかというと「自動付帯」で保険が付帯するという点。年会費無料なのに、特にカードを利用しなかったとしても保険が付帯するカードはそうそうありません。

f:id:kaimon315:20180202101144p:plain

 

例3)三井住友カード(クラシック)

TVCMもあり圧倒的な知名度を誇る三井住友カード。保険に関しては、「事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが前提」となっていますね。持っているだけで保険が付帯するカードではありません。しかし、「ある事」を知っているとこのカードは旅に欠かせないカードになるんです。詳しくは、読み進めていただくと分かります。

f:id:kaimon315:20180202101526p:plain

 

例4)ANA一般カード

嬉しい「自動付帯」ですね。しかし!安心してはいけません。

年会費の安い「一般カード」は、「傷害による死亡、もしくは傷害による後遺障害、もしくは救援者費用」しか保険が適用になりません。海外旅行保険において利用頻度が高いのは、「傷害疾病治療費用」(病気になって病院に行く際に係る治療費用)、「携行品損害」(所持品が強盗に盗まれた際等の補償)であり、ANA一般カード だけでは、保険は不十分と言えます。

f:id:kaimon315:20180202101830p:plain

 

例5)楽天カード

年会費無料でポイント大量還元の楽天カード。付帯保険に関しては、「利用付帯」ですね。「日本を出国する前に、自宅から出国空港までの交通費もしくは海外旅行代金(航空券代金やツアー参加料金)を当該クレジットカードで支払いをした場合」に付帯するとなっています。

f:id:kaimon315:20180202102122p:plain

 

 

 

⑵ 保障限度額を引き上げること

ここまで読んで、

「クレジットカードに保険が付帯することは分かった。けど保険上限金額が低くて心配だよ。」と思う方もおられるかと思います。

しかし!ご心配なく!!

クレジットカードの付帯保険は、複数枚のカードを持っていることで、保険の上限金額が合算できて上がるのです!!

 

試しに、エポスカードの保険の規約を見てみると、、、

f:id:kaimon315:20180202102430p:plain

「傷害死亡・後遺障害保険金」に関しては、

所有しているカードの中での最高保険金額が限度となっています。カードごとの保険金額が合算されると嬉しいのですが、さすがに死ぬことはないだろうということで目を瞑ります。といってもアメックスゴールドカードで最大1億円までの保険が付いているので十分でしょう!

 

次に、「それ以外の保険金」について見てみると、

保険金額は合算されると書かれています。

つまり、「傷害疾病治療費用」や「携行品損害」に関しては、各カードの保険金額が合算されるということなんです。

 

事例で言うと、僕は〔旅の前半〕〔旅の後半〕に分けて保険を付帯させていますが、

「傷害疾病治療費用」に関しては、〔旅の前半〕で800万円、〔旅の後半〕では300万円の保険が付帯しています。

 

「この金額でも足りない!」という人は、クレジットカードの枚数を増やすか、それでも不安な場合はお金を払って正規の海外旅行保険に加入しましょう。

 

保険金額が、〔旅の前半〕〔旅の後半〕で分かれていることに関しては、次でご説明します!

 

 

⑶「90日間」限定の期間を倍以上「180日間~1年以上」に伸ばすこと

クレジットカード付帯保険の一般常識では、利用条件を満たした場合に、「90日間」限定で保険が付帯するというものですよね。しかしそれは間違い。僕の持っているカードで確認して行きます。

 

「自動付帯」カード

 例1)アメックスゴールド カード

 例2)エポスカード

 例4)ANA一般カード

上記のこれらのカードは、「自動付帯」なので旅を始めてから最初の「90日間」の保険を付帯してくれます。

 

 

 

「利用付帯」カード

 例5)楽天カード

楽天カードは「利用付帯」ですが、『日本を出国する前に』条件を満たした場合に、旅を始めてから最初の「90日間」の保険を付帯してくれます。

 

「保障期間を延ばしてくれる」カード

このように見て行くと、クレジットカードで保険を付帯させる場合は、「90日間以内」、それより長い期間の旅に出る人は損保会社の海外旅行保険に加入しないとならない気がしますよね?

 

しかし!

この「90日間」という期間を伸ばすことができるクレジットカードがあるんです!

 

それが、僕が第1章の保険の部分で、

〔旅の前半〕→ アメックスゴールド・エポスカード・リクルートカードプラス(JCB)

〔旅の後半〕→ 三井住友クラシックカード・リクルートカード(MASTER)・セディナカード(VISA)・ベルメゾンカード(VISA)

と〔旅の前半〕〔旅の後半〕を分けて書いていた理由。

〔旅の前半〕90日間は、基本的に「自動付帯」のカード、〔旅の後半〕90日間は、全てが「利用付帯」のカードです。

www.earthcolor-travel.com

 

〔旅の後半〕の4種類のクレジットカードは、「利用付帯」の条件に、

『日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をはじめて当該カードでクレジット決済した場合 』というような条件が入っています。

また、『出国後に初めてカード利用条件を満たした場合、カード利用条件を満たした時点から3ヵ月間 (かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。』というような文言もあります。

 

f:id:kaimon315:20180202102808p:plain

※参考画像は三井住友カード(クラシック)のもの

 

すなわち、旅に出て90日間の保険が切れた時点で、上記条件を満たすことができれば保険適用期間を大幅に伸ばせるということなんです。

条件といってもバスや電車などの公共交通乗用具料金をカード決済するだけなので簡単!

 

僕たちの世界一周は、期間が180日間限定なので、旅がスタートして90日間が経過した時点で、〔旅の後半〕カードを全て利用し保険を付帯させますが、

1年間の期間旅に出る人なら、「90日間」の期間を順にずらしていくことで無料で1年間保険を付帯させることも可能です。

ただし、保険金額を考えると弱くなるのでそこはご注意を。

 

僕が確認できた保障期間を90日間から伸ばす為に使えるカードは以下のカードです。

 

・リクルートカード(VISA・MASTER)

・セディナカード

・ベルメゾンカード

・三井住友クラシックカード

 

 

まとめ

規約の確認など少々面倒なところはあるものの知っていれば「無料で」海外旅行保険を付帯させることができるクレジットカード。

気になるカードがあった方は、こちらの記事で「特典」を受け取ることのできるカード作成方法を解説しているので、こちらの記事も併せて読んでみてください!

www.earthcolor-travel.com

 

【注意】

クレジットカードに付帯する保険について解説しておりますが、付帯保険の内容や条件はカード会社が予告なく変更する場合がございます。

実施に海外旅行に行く前に、ご自身で各社の公式ページを確認の上、保険を利用されることをお勧めします。