【パタゴニア編】氷河じゃない「ペリトモレノ」でキャンプして『手の洞窟』ツアーへ with 謎の腹痛!

f:id:kaimon315:20180209075735j:plain

バリローチェから12時間ほどバスに乗って、氷河じゃない「ペリトモレノ」という街へ。一晩キャンプして『手の洞窟』ツアーへ行って来ました。

 

バリローチェの絶景を満喫できたので、早朝のバスに乗り「ペリトモレノ」という街へきました。特に来る予定はなかった街ですが、バリローチェからエル・チャルテン まで一気に行くとなるとバスの乗車時間は24時間。。

それが嫌だったので途中下車したという街です。

 

もともと知らなかったのですが、「ペリトモレノ」は世界遺産でもある『手の洞窟』ツアーの起点となる街。

あとは、チリのチレチコという街に近く、「マーブルカテドラル」に行くにも都合の良い街みたい。

 

マーブルカテドラル、、、やばい。。めっちゃ行きたい!!

f:id:kaimon315:20180209082054p:plain

これすごいですよね!!!!!!!

 

しかし

 

はい。

ウシュアイアからの飛行機予約してた関係で時間足りず行けませんでした。。泣

無理したら行けたかも知れないけど、結果として行けなくてよかったんです。この後、病院行くことになって寝込むから。。

 

いつか行きたいなーと思います!!

 

というわけで、マーブルカテドラルは諦めて、「ペリトモレノ」で 定番の『手の洞窟』ツアーに行きます。

 

夕方に街に着いたので、下調べしておいたキャンプ場へ。

https://www.instagram.com/p/Beav8jQj00c/

お値段は1テント50ペソ+トイレとシャワー代が20ペソ/1人。しめて2人で約550円。ふっかふかの芝生にキッチン付なのに、この旅始まって以来の安価!

パスタを食べて、久々のキャンプもいいねーと和やかに寝たのですが、朝起きたら大変なことに…!

起きた瞬間に気を失うかというくらいの腹痛!!激痛!!

フラフラとトイレに向かうも鍵が無く、両手でドアを押さえて呻きながら悪い奴を体内から出します。

そしてキタコレ、トイレナガレナイ!!

申し訳なさから試行錯誤するも前の使用者が完全に詰まらせてるのでどうにもならず… テントに戻り倒れこむようにして寝ました。

 

思うと夜すごく寒かったんですけど、眠すぎて下にマットも特に服も敷かずに寝た生で冷えたのかも。僕、実はすごく冷えに弱いんです…

f:id:kaimon315:20180209084220j:plain

朝、僕が倒れている間に、カオリはGoogle翻訳アプリとペンを使ってツアー予約の時間変更やお粥を炊いたりとしてくれました。

起きてお粥を食べると気分は大分マシになってので、予約してしまっていた『手の洞窟』ツアーに行くことに。

 

何にも無い街なのでこの『手の洞窟』ツアーすごく高いんです。

ひとり1,400ペソ。1万円弱くらい。

ツアーといっても未舗装の道を4WDの車で爆走して洞窟まで送迎してくれるだけです。笑

f:id:kaimon315:20180209084448j:plain

未舗装道路爆走はお腹にダメージが、、、、

 

途中の道はあいにくの曇りながら絶景。

昔は海だったと思われる塩まみれの場所とか。崖とか。

f:id:kaimon315:20180209084823j:plain

 

 車に乗って2時間くらいで『手の洞窟』に到着。

 

ここから少し歩くので、トイレに。

出てきたものが赤いっ!!!

めちゃくちゃビビりながら、そしてフラフラしながらも来てしまったものは仕方ないので、ヘルメットをかぶってものすごい谷間を歩きます。

f:id:kaimon315:20180209085409j:plain

 

そして、9000年前に書かれたという『手の洞窟』の絵とご対面。

不気味なくらいすごい数の手。

あと、お腹痛い。。

f:id:kaimon315:20180209075735j:plain

すごい。けどお腹痛い。。。

 

写真の中央上に写っているのが、この『手の洞窟』のシンボルキャラクター。

f:id:kaimon315:20180209091541j:plain

 

 

なんとか観光を終えて、記念に一枚。

Tシャツの胸の「ヤバイゾクゾクする」  その通り。

f:id:kaimon315:20180209092028j:plain

 

 

このあとはまた未舗装の道を2時間かけてペリトモレノの街まで帰りました。

帰ったはいいものの腹痛は収まらず、ペリトモレノは街が小さすぎて病院も無いので、強行で夜行バスに乗ってエル・チャルテン に向かうことにしました。

 

バスは、追加料金を払ってほぼフルフラットになるシートにしたもののヨシキの運命やいかに。

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

国別記事はこちらから☟