【アメリカ編】フィラデルフィアのピザ屋「ROSA’S FRESH PIZZA」で恩送り体験させてもらった話

ニューヨークを襲った寒波の影響でフライトが次々とキャンセルになりフィラデルフィアにやって来ました。

(本当はイエローナイフでオーロラ鑑賞するはずだったので悲しい…)

 

しかし、

「これも何かの縁だ!」と思うようにするのが旅を楽しむコツです。

ちょうど暖かい服も無いし、イエローナイフ行ったら気温マイナス30度とか絶対風邪引くし、アメリカで予想以上にお金も使い過ぎてたのでむしろラッキー!なはず!笑

 

フィラデルフィアは、アメリカが独立宣言をした歴史ある地。

「自由の鐘」「LOVEマーク」が有名です。

f:id:kaimon315:20180419000608j:plain

 

その他、Googleで行くところを探していると面白いレストランを発見しました。

 

 

ROSA’S FRESH PIZZA

f:id:kaimon315:20180419000354j:plain

アメリカはそこら中にピザ屋があるので、ピザが特別というわけではありません。

このピザ屋はホームレスの人々に無償でピザを食べさせているお店なんだとか。そしてそのピザ代はお客さんがドネーションとして寄付をして成り立っていると。

 

なんか良いストーリー!面白そう!!

 

なかなかこのようなお店はないですし、気になったので行ってみることにしました。

 

アメリカに来てびっくりしたことのひとつですが、アメリカは想像していた以上に格差が物凄いです。

道を歩けば1ブロック毎に物乞いがいて、公園の前を歩けばたくさんのホームレスの人たちがいます。

最先端のテクノロジーなど世界の中で間違いなく豊かな国であることを感じる一方で、社会に取り残された人々の存在をまざまざと突きつけられます。僕が行った4月はまだとても寒くて雪も降ります。それでも「どうしようもない」という雰囲気で、豊かそうな人たちはホームレスの人々を透明人間を見るように接しているなあと思っていました。

 

そんな中で、偶然見つけたピザ屋さん「ROSA’S FRESH PIZZA」はすごく気になりました。

 

 

f:id:kaimon315:20180419000740j:plain

実際に行ってみて。

お店は観光・商業エリアの中心にあります。

中に入ると無数の色とりどりのポストイットに圧倒されます。

 

Googleレビュー情報によると、このポストイットがホームレスの人々がピザを食べるチケットになっているそうです。

ポストイットにはピザを贈るチップをお店に入れた人のコメントが書かれています。インスタ映えするようなおしゃれなものではないですが、壁一面が様々なコメントが書かれたカラフルなポストイットに埋め尽くされている店内はどこか温かい。中にはホームレスの人々のお礼コメントのポストイットもあります。

 

f:id:kaimon315:20180419000845j:plain

 

仕組みとしては、

入店 → ピザを選ぶ → 会計 → 寄付するか選択 → ポストイットにメッセージを書いて壁に貼る

という流れです。

 

ピザのお味は、はっきり言って美味しくないです!!笑

だけどめちゃくちゃ安いので不満はありません。お値段なんと一切れあたりUS$1.25 !! 

とっても安かったので僕とカオリと2人分寄付しました。笑

 

f:id:kaimon315:20180419000932j:plain

 

お昼時ではなかったので店内にお客さん多くなかったですが、ポツポツお客さんはやって来てはピザを買って行きます。

お持ち帰りの人が多かった印象。見ていると約半数くらいの人がドネーションをしているようでした。

 

そして、僕らが食事をしている間、(おそらく)ひとりのホームレスの男性が来店し一切れのピザを食べて去って行きました。

彼がどのような気持ちでピザを食べていたかは分かりませんが、言い方が悪いですが外では透明人間のように扱われている彼らも温かいメッセージに囲まれて食事ができるひとときは心安らぐ瞬間ではないでしょうか。お店のホームページを見てみると毎日40~50人のホームレスの人々がピザを食べにやってくるそうです。

 

 

寄付について

寄付について考えてみる良い機会になったのですが、思うと小学校の赤い羽根募金やドラえもん募金に始まりちょくちょく募金はしてきた気がします。

だけど正直なところ気持ちよく募金しているというよりも周りもしているし何かしないといけない気がして募金をしていたと思います。

 

それはなぜかというと、お金の使い道もわからないし、相手の顔も見えない、相手の役に立っている実感がなかったからです。

 

f:id:kaimon315:20180419001129j:plain

 

会社とかで回ってくるような募金だと目には見えない強制力もあるので集まる金額の大きさや社会に与えているインパクトを考えると必要だと思います。

だけど、1日数十人のホームレスの人々の空腹を和らげるだけでも、自分で実感できる優しさは心地よいものでした。実際は自己満足なだけかもしれません。それでもこのような恩送りの仕組みって増えたら社会が少しだけ豊かになるな、優しくなるなって感じたんです。

 

仕組みとしても、ポストイットでコミュニケーションをするところが寄付はしたくても直接ホームレスの人々と話すのは少々面倒という人間の心理を捉えていていいなと思ったり、ピザ1枚あたりの原価を50~80セントくらいと仮定すると来店者の3分1程度の人々が1ドル寄付すれば成り立つなと思ったり…笑

 

 

最後に

フィラデルフィアのピザ屋「ROSA’S FRESH PIZZA」で恩送り体験させてもらい、いろいろと考えるきっかけになりました。

ピザの味は特に美味しくないですが、良い時間になると思うのでフィラデルフィアに行くことがあれば立ち寄ってみる価値アリだと思います。

 

「恩送り」「ペイフォワード」って本読んだりしてるとちょくちょく出てくるワードですが、なかなか実践できる場は自ら動かないと限られています。このような場所で恩送り体験させてもらえてすごく良かったです。

 

 

僕は、ポストイットには『BIG SMILE with Pizza !!』と書きました。

寒い日が続いていますが笑顔で少し温まるといいな!!!!

 

 

☟アメリカ旅行に行くなら当然持っておくべき「このカード」

www.earthcolor-travel.com